木材の活用

林野庁が主体となって実施しているポイント制度です

日本では森林山岳が多く、林業に連なる木材の自国採取と自国生産、そして自国供給が可能な面があります。 そして、日本ではそれを推進する為に林野庁が実施しているポイント制度があります。 それは木材利用ポイントです。 これは、自分の家の木造住宅の増改築やリフォームや新築を、その地元の近辺にて生産された木材などを用いて、届出を行いつつ実施していく事で貰える事の出来るポイント制度です。 その為、木材利用ポイントと名前がついており、いわゆる日本木材の生産と消費を推進するポイント制度だと言えます。 そして、この木材利用ポイントは住宅に限らず、日本産の木材を用いて作られた家具家財を専用のサイトなどで届出を出しつつ買う事でも貰えます。

どんな家具家財で貰えてどんな利用価値があるのか

木材利用ポイントが貯まる家具家財はその木材利用ポイントのサイトなどで把握する事が出来ます。 買えるのは木材製の椅子や、石材と合わせて作られた暖炉などを買う事が出来ます。 そしてそれを買う事で応じた木材利用ポイントを貰う事ができ、そのポイントを利用していく事が出来ます。 そのポイントを使って、何が行えるかというと木材利用ポイントサイトの商品交換のページなどで、その詳細を把握する事が出来ます。 一例にあげると、ふるさと納税の様に地方の特産品やブランドのある食品や加工食品などと交換する事が出来ます。 それは地方の高級牛肉であったり、高給なタマゴや地酒だったり、それは多種多様です。 中にはお味噌や醤油などの調味料も掲載している事もあります。 あまり知られていない木材利用ポイントとは、こういうポイントシステムのモノとなります。