建てるときに活用

木材の還元サービスの存在

木々は様々な用途に使われており、成長を業者によって一任されています。しかし木材を素材に選ぶ事が必要でなくなった現代において、自然に成長する業界を見つめるだけでは不足なのです。木材よりも安い値段で取引される存在が現れれば、林業そのものが衰退してしまいます。林業は地球環境の保護にも大きく貢献しているので、残されるべき会社と言えるのです。 それをフォローする仕組みが政府によって作られました。指定の場所の木材を商品に使う事で発生する木材利用ポイントです。仮に家を建てる際に木材を使う場合には、依頼主に選択権が生じます。どこの地域の木材を用意するかという選択肢です。その際に木材利用ポイントが適用される地域の資材を使えば、料金の一部が還元されます。

木材利用ポイントによって還元される値

木材利用ポイントで交換できる物は、地方の特産品や全国のお店で使える金券です。別の住宅を建てる際に限り、提示された料金からポイント分を引く事もできます。ユーザーによって用途は様々ですが、木材利用ポイントの受領できる値は商品によって変動するのです。 例えば木を100パーセント使って家を建築する場合、規模によりますが数千万円の支払いを求められます。通常の木材利用ポイントは1パーセント程度の還元率なので、10万円以上の価値があるポイントを受け取れます。1ポイントが1円の価値と言われているので、ポイント数に直すと10万以上です。地域の特産品は1万前後でやり取りをされるため、最低でも十点以上の物品と交換できます。